blog
Pocket

こんばんは。
未来音叉ヒーラーの
福井健太郎です。

きょうの内容、
必要な方に
届いて欲しいとなと
思ったのでブログでも
シェアしたいと思います。

ちょっと長めです。

===================
もし、あなたの中に

・どうしても行き詰まりが拭えない
・いまやっていることが
このままでいいのか不安だ

===================
みたいなことがありましたら
ぜひ読み進めてみてください。

どうして私がよく
このような題材を取り上げるのか?
というと、
私自身が
「いまやっていることが
このままでいいのか不安だ」
と度々思うことがあるからです。

好きで始めたことでも、
強い信念をもってやっていることでも
それは何度となく
やってくるのですね。

その度に、
家族に助けてもらったり、
うれしいメッセージを
いただいたり
受講してくださった方の
笑顔を見たり、

===================
結局、
与えているようで
与えられている

===================
何度も落ち込んでは
周りの方に支えてもらい
自然と、
そう思うようになりました。

大変な時こそ
周りの人の”愛”に
気がつく時なのかもしれません。

そして、
“愛”が目覚める時なの
かもしれません。

私はいままで
とっても傲慢に生きてきました。

それこそ自分一人で生きているような
気でいました。

自分でできるんだ!って。

その時は、どれだけ
家族や、助けてようとしてくれる
仲間の愛をこばんできたのか。。。

そして、何よりも
自分がほんとう愛しているって気持ちを
伝えずに押し殺してきたのか。

今回、
動画を見てくださった方から
とってもすてきなメールを
いただきました。

そして
とっても多くのことを
学ばせてもらいました。

そのメールにはこんなことが
書いてありました。

===================
ワーク7回、
楽しくやらせていただきました。

自分の中のポジティブが
見つからなくて
あわあわしていた年明け
でしたが、
まんま。
まんまで、と健太郎さんのワークを含め
あちこちから言われてるようで、
よい意味であきらめ(手放し)つつあります。

このワークをやりながら浮かんだこと、
日常の気付きを少し。

失敗やぶつかりも
受け入れつつ、

集団でひとつの流れを
作ることがおもしろい、
その流れを感じた時によろこびが
あることがわかりました。

愛してる、と友人知人に、
伝えたくて仕方がないことが
わかりました。

が、見返りが欲しくて、
見返りが無いので伝えられていないことが
わかりました。
見返りを求めたくないのもわかりました。

そして今は
もー見返りなくていいから伝えちゃおう。
というところにいます。

当たり前に波は来るでしょうが
我ながら楽しいです。

またくり返しワークしますね!

おもしろい事を無料で
放出してくれてありがとうございます。
すごくすてきなことだと思います。
===================
私たちは
だれもが
愛を表現したい
生き物なのかもしれません。

私はそれを強く信じ
音叉の講座を作っています。

ほんとうに大切なことは
自分の中にあり、
遠い宇宙や
まだ見ぬ人の中にあるのではなく
今目の前の人との間にあるのだから。

でも、
その愛を表現するのが
恐ろしい。

ドキドキする。

そんなこと口にしたら
自分の中の何かが
大きな爆発を起こして
崩れてしまう。

そんな様に感じてしまうかもしれません。

でもね、
その瞬間はもう二度と
やってこないかもしれないのです。

数年前、
一年の間に
私の父と母が同時に
心筋梗塞で倒れた時がありました。

それまで、大きな病気
一つとしてしたことがない
健康そのものの
父と母でした。

しかし、
その時はある日、
突然やってきたのです。

仕事に向かう電車を降り
電話がなったので
出てみると、
「お母さんが救急車で運ばれた」
頭の中が真っ白になりました。

まさか!
って思いました。

強く強く自分を責めました。

まだ何にもしてあげられてない。。

幸いにも、たくさんの方の
支えにより、
父と母は通院しながらも
元気になりました。

それ以来、
本当に大切なものを
大切にしよう。

伝えたいと思ったことは
その時にちゃんと伝えよう。

そう思いました。

「あの時こうしたらよかったのに」
って終わった後に思うのは
どうしてもいやだったので。

「大好きだよ。」
「愛してるよ。」

とってもシンプルで
魔法の様な言葉。

私たちの真ん中には
いつもそういった
相手を思いやる気持ちが
あるのだと思います。

ぜひ、それを
恥ずかしくてもいいから、
怖くてもいいから
一歩前にでて
伝えて欲しいと思います。

押し付けがましい”愛”でも
いいから。

伝えてあげて欲しいと思います。

その音が何よりも美しい
あなたが奏でる
愛の音だから。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。