blog
Pocket

こんばんは。
未来音叉ヒーラーの
福井健太郎です。

今日は前回のブログ
「あれ?わたし何しに地球に来たんだっけ?」
記憶喪失物語の後編です。

「転生の記憶」を
読んでない方は
こちらからどうぞ>

「あれ?わたし何しに地球に来たんだっけ?」
記憶喪失物語前編は
こちらからどうぞ>

今日のブログのタイトルにもなっている
「calling」
これがきょうのテーマです。

前回のブログで
私は前回の参院選の時に
色んなことを自分ごととして
捉えたらどうしていいか
わからなくなってしまい、
サンドラさんにセッションの
お願いをしました。

とお伝えしました。

その時は、
本当に自分に起きていることが
全く説明できず、
ただただ自分には何ができるんだろう?
ということだけを思っていたのです。

それで、全くセッションにならない私に、
最後にサンドラはこんなことを
優しく言ってくれました。

「健太郎さん。あなたは
キング牧師の言葉を知っていますか?」
「I have a dream」
「この “I”はキング牧師の “I”ではないんですよ。」
「彼はただ宇宙の呼びかけにこたえただけなんです。」

この時、たしか、呼びかけ、という言葉を英語で
「calling」といっていました。

私はその意味がその当時頭では
理解できなかったのに
胸がキューっとなり、
なぜだか涙が溢れてきたのです。

正直なところ
今でもその意味はよくわかっていません。

なので私の外で起こっているできごとを
目にする時は、
それは私の内側で起こっていること。
だから私はただただ自分の内側をみて
心の平安を探します。

前回のブログ以来私の中では
本当に色んな反応が起こりました。

「自分が言いたいことを言うと
非難される。」
「自分が言いたいことを言うと
一人ぼっちになってしまう。」
「私を理解してほしい。」

それは、きっと私が
誰かや自分に対してそのように
見ていること、
というのを改めて気づかせてくれました。

毎回お伝えしていますが、
過去生があるかどうかについてを
伝えしたいのではなくて、
結局、新しい選択を私はどうしたらいいか?
を自分に問いて、
それが今生のやりに来ていること、
ということです。

世界はいつも教えてくれる。

三回のブログを書いて、
ようやく自分の心に
たどり着いたようにも感じます。

私たちの描く未来はどんなだろう?
私たちの夢はなんだろう?

2ヶ月後は
アメリカの大統領選挙。

もしトランプ氏が勝てば
アメリカ軍が日本から撤退すると言われています。

そうなると日本の政府はどういう
準備をするでしょうね?

不必要に恐れず、
最善の未来はどうやったら創れるでしょうか?
どんな未来にしていきたいのだろうか?

これからの私たちの未来は
一人ひとりの意識が、
世界を創るのです。

すべてのいのちが
大切にされる世界を描いて。